プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


結婚式披露宴ゲスト出席で似合う着物の髪型

結婚式(ウエディング)の席では、ドレスアップした女性もさることながら、着物・和装の女性がいると、その場が香り立つ雰囲気が漂うものです。着物といっても奥が深いです。日本の正装というだけあって色々な種類が存在します。たとえば振袖や留袖が代表的なもの。訪問着などフォーマルな場で着ることのできる着物や、付け下げ、小紋などのおしゃれ着として着られる着物などがあります。普段着が着物だったという日本ならではですね。着物といってしまうと、比較的年配の女性が楽しむ服装といったイメージになってしまいますが、振袖は未婚の女性しか着ることが出来ませんし、袴や浴衣でしたら若い人たちも着る機会があるのではないでしょうか。

着物を着るときのヘアスタイルは、襟足を出すのが良い、というのが一般的ですね。フォーマルな着物を着る場合のヘアスタイルは、美容師さんにお願いする場合が多いでしょう。ヘアアレンジの打ち合わせはきちっとしておきましょう。

ちょっとしたおしゃれ着として、着物を着る場合でしたら、一番簡単なのはおだんごヘアです。着物は襟足を綺麗に見せることのできる衣装ですので、ヘアアレンジも洋服の場合よりきっちりとまとめ、後れ毛が出ないほうが美しく見えると思います。
着物の色に合わせて簪などをつかうと一層華やかに見えますよ。

浴衣の場合もやはりアップにしたほうが良いと思いますが、少量の髪を残したり、サイドで髪を縛るなど、襟足を出すスタイルなら綺麗に着こなすことが出来ると思います。ショートカットなど、髪を結うには長さが足りない場合であっても、丁寧に髪をとかし、きっちりとしたスタイルにすれば、それなりに見えますし、黒髪のウイッグなどを用いても良いかもしれません。めったにない着物を着る機会。せっかく着るんですから、ヘアスタイルも着物に映えるものでばっちりきめましょう

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29369659